鳴き声から分かる犬の気持ち

犬は気持ちを吠える事で表そうとします。基本的に例外はありません。
つまり、無意味に犬が吠える事は有り得ないと言えます。

 

年齢や犬の種類によって、鳴き方や吠え方にやや差異はあるようですが、
どの犬も感情を伝える目的で吠えているようです。

 

飼い主は犬の無駄吠えを抑えるために、教育をしていくはずです。
そして、それを成功させるためには、その犬が吠えている理由と、
吠える事で何を表したいのかを察する事が出来るようになる必要があります。

 

犬の行動や鳴き方等を観察していれば、その犬の感情を察する事ができるようになります。
犬の行動や鳴き方は場合によって色々と変わってくるので、
それを見分けられるようになれば、犬の感情が分かるようになるはずです。

 

では、犬の吠え方を紹介していきます。

 

まず、繰り返し「くーんくーん」と吠えるのであれば、
その犬は退屈さを感じているケースが大半です。

 

また、ハッキリと「ワン」と吠える場合も多いです。
ここで、犬と目を合わせた折に、元気に尻尾を振る場合は、
「遊んでほしい」と思っているケースが大半だと言われています。

 

そして、犬が不安を覚えていると、よだれを垂れ流しながら壁や玄関をガリガリ引っかいたり、
甲高く「くぅーんくぅーん」と吠えたりするケースが多いです。
ペットを家に置いて、人間が外出する頃合いになると、
このような行動に出る飼い犬が少なくありません。

 

また、唸り声をあげたり、歯をむき出しにしたり、大声で「ワンワン」と吠えたりするケースでは、
何らかの異常を察知して、威嚇目的で吠えているケースが多いです。
この際、飼い主の方が異常を察知していないと、犬が更に吠える場合もあります。

 

そして、興奮していると「わんわんわんわん」と幾度となく吠える事が多いです。
加えて、尻尾を何度も振ったり、ぐるぐると走り回ったりするのであれば、
何らかの理由で警戒心を覚えていて、
それを人間に察知してもらおうとしている場合が大半です。
ちなみに、家のドアの前にお客さんが立つと、
このような動きを見せる犬が少なくありません。

 

 

上記のような事をそれぞれ区別できるようになって、
犬がなぜ吠えているのかを察知できるようになれば、しつけもしやすくなると思います。